鍬農雅友のブログ

31歳/都内在住/マーケター

ハイボールの話

ハイボールを1つ。」

 

本当は1杯目はビールを飲みたいんだ。

風呂場の鏡に写った自分のだらしない裸体が店先で頭をよぎる。

最近の宴会は葛藤からスタートする。

 

今まで通り、食べたいものを赴くまま食べていると体が維持できなくなってきた。

 

年と共に失っていくもの、得られるもの。諸行無常

そうか昔、諸先輩方が言ってたのはこういう事だったのかと、こっそり噛みしめている。

 

やはり「謙虚に人の言うことに耳を傾ける」という事を怠ってはいかんですな。

 

体重が増えたことでまさかこんな大きな課題が見つかるとは。

まずは足元の課題から向き合わんと、、(゜゜)

 

 

今日は会社の先輩でもある、いけのりパイセンのYouもMeも宇宙人を読み終えたので紹介。

 

テーマが「宇宙」。

とっつきやすい独特の文体と、中身の情報量の多さの大きなギャップを楽しめる1冊である。むちゃくちゃ難しい内容を噛み砕き、さらにそれを炊き上げたかのようなおかゆのような本。誰でもわかるレベルで書いてある。

 

一読して頭に残ったキーワードは2つ。

色々書いてあったけど、ほかは横文字多くて激しく忘れた(゜゜)禿忘  

 

1. 彗星パンスメルミア説

昔、進化論で有名なダーウィン博士を否定した1人の科学者がいた。

名前はホイル博士。博士はとある夜に、星空を見ながらこう叫んだ。

 

「そうや彗星や。彗星に生物がおるんや。地球の生物も彗星から来たんや。ユーリカ!!」

  

叫んだのは嘘ですが

真面目に書くと、宇宙から地球のような惑星に生命の源が運ばれてきている説がかなり有力とな。不思議な話。

 

2. 世界最強の動物は「クマムシ」である

世の中には20年くらい冷凍保存しても死なない「クマムシ」という虫がいるらしい。

とにかく人間では絶対に耐えられない環境でも生きられる生物ということで、地球のような大気がなくとも宇宙には同じような劣悪な環境に生きる生物がたくさんおるかもしれませんな。

 

本に引用されている量が半端じゃ無いのと、最後に虫食い問題用紙で振り返りまで用意してあって至れり尽くせり。

 

ええ、ええ。

パイセンも処女作とのことで、次の作品に期待カモの長明。

  

だんだんと暑くなってきた。

今年はMy七輪を買う。